ねこごはん


フランスの猫ごはんといっても日本とたいして変わらない。世界どこでも有名なブランドは存在する。うちの猫がいつも食べているものをいくつか紹介。うちで使っている猫ごはんは主に魚ベース。肉ベースのものを与えると大変なことに。また、半生とカリカリを混ぜつつ使用。半生ばかり与えているとやはり大変。

friskies おなじみのフリスキーのカリカリ。猫大好き。魚味は鮭とマグロのミックス。

whiskas どこかでみたことがあるようなマークとパッケージ。ウイスカス、猫まっしぐら。これも鮭とマグロのミックス。

whiskas_top 最近、新発売のウイスカス・トップ。子供、大人、妊婦、老人などきめこまやかな専用パッケージが用意されている。

friskies2 フリスキーの半生小袋入りで一日食べきりサイズ。全体として水っぽく衛生的な感じがしないのであまりお勧めしない。

whiskas2 これも半生タイプ。上記の一日食べきりサイズが4袋セットになったもの。4種類はそれぞれ鮭、たら1、たら2、マグロとなっている。練り物の角切りがゼリー寄せになっている。4つの味が飽きずにかわるがわる楽しめるのでいつも使用している。

canaillou なんだかわからないが一度だけ買ってみたがよいのやら悪いのやらわからず一回きり。

その他
新しいものを試したら追加して行きます。ちなみにこれら以外のブランド名では・・・
Shiba(黒猫のシーバ)、Felix(体に悪そうな食い付きのよさ)、Kittekat(キットカット)、RonRon(ロンロン)、各スーパーマーケットのオリジナルブランド、などがある。
子供用のごはんは、うちの猫が子供の頃にはいくつも種類がなかったが、ここ半年で各社かなり充実してきた。

もどる inserted by FC2 system